視力回復ライフ

視力回復ライフについて

「視力回復ライフ」では、視力をはじめとした「目」にまつわる情報を紹介しています。

世間には、リスクを少なからず伴う手術から、簡単なトレーニングに至るまで、様々な視力回復法が存在しています。

基本的にはどの方法も効果があるものと考えてますが、中には知識のない人をカモにする詐欺チックな情報があったり、自身の視力低下の原因により、トレーニングを続けても一向に視力が回復しないケースがあったりします。

このような間違った方法を選ばないためにも、まずは正しい知識を身につけることが大切になってきますので、このサイトを通して、みなさんの視力回復のお手伝いができればと思ってます。

タイプ別にみる視力回復法

低下した視力を回復させる方法をジャンル問わず集めてみました。人それぞれベストな方法は異なると思うので、メリットとデメリットを把握したうえで、ピンときたものから試してみましょう。

予算に余裕あって、早期回復を望む人

2008年ごろがピークで、ここ最近は落ち着きつつある「レーシック手術」ですが、今すぐ裸眼で生活したい方には間違いなくオススメの治療法といえるでしょう。

衛生管理不足による集団感染事件のことを考えると、やはりリスクがゼロとは言い切れませんが、「国が認めてること」や「ポジティブな実績」を考えると、選択の余地はあると思います。

もし、目の状態によってレーシックを受けれない方は、「ILC」という手段もあります。簡単に説明すると、視力矯正用のレンズを目の中に挿入する治療法になります。

2010年の2月に日本の認可が下りていて、レーシックほどではありませんが徐々に認知が広がってるようです。

ただ、相変わらず健康保険は適用されない上に、レーシックよりも費用がかかります。詳しくは別ページにて解説したいと思います。

最後に、バイオニックレンズという技術にも注目が集まっています。日本での実用化は2020年以降になりそうですが、特殊な眼内レンズを設置することで視力が3.0まで回復するようで、最新の治療法に興味がある方は待つのもありだと思います。

実はメガネに少しだけ憧れがある人

コンタクトレンズやレーシックといった手法がある中、最もポピュラーなのがメガネによる視力矯正ですね。

古くからなじみがあることや、リスクが皆無な上にオシャレアイテムとしても活用されてるので、視力が低下したらまず最初に検討するとよいでしょう。

メガネはかけたくないけど、手術は絶対嫌な人

メガネが苦手で、手術も怖いって方は、コンタクトレンズがオススメです。

定期的に費用が発生する点を除けば、安全性が高く、初期費用は他と比べると断然安いです。

また、オルソケラトロジーと呼ばれる視力矯正法もあります。

ざっくり解説すると、就寝中にコンタクトレンズをつけて視力を矯正することで、一時的に視力を回復させることができるので、日中は肉眼で過ごすことができます。

目を大切にしたい、もしくは上記に当てはまらない

色々と視力を回復させる方法をご紹介してきましたが、どれもピンとこない場合は、トレーニングから始めてみましょう。メリットは何といってもお金が一切かからない点です。

また、食生活も積極的に見直していきましょう。最近は、目の健康によいサプリや、ピント調節機能を高める商品などあるので、

詳しくは「視力回復にオススメの食べ物まとめ【完全版】」や、「【全18商品】おすすめの視力ケアサプリを徹底比較!」をご覧ください。

ただし、効果のほどはかなり個人差があるので、継続しても全く実感できない方は諦めることも必要になります。

目の病気を患ってる方は迷わず病院へ

当然ではありますが、視力低下の原因が「緑内障」や「網膜疾患」など目の病気だった場合、医師による適切な処置が必須になりますので、眼科で必ず診てもらうようにしてください。